056

カーポート

カーポート (056)

基本セット(1台分)51-24H

210,400

(税込231,440円)

在庫有り

ハイルーフ(12.5㎡未満、柱2本)

基本セット(2台分)51-51H

430,000

(税込473,000円)

在庫有り

ハイルーフ(26㎡未満、柱4本)

YKKap レイナポートを定番採用
熱戦遮断ポリカーボネート板

※上記施工費、柱コンクリート固定費(斫り、ガラ処分)を含む
※敷地内越境等で現地加工必要時は別途12,300〜24,600円/1方向を申し受けます。
※その他のカーポートもお取り扱いしております。
(LIXIL、YKKap、三協アルミ各種を揃えております)

オプション工事ドットコムの施工モデル

一生ものの家に仕上げるステップ

新築オプション カーポート
カーポート取り付け工事って高い?そんなイメージが変わります!
屋根のある駐車スペースはたくさんのメリットがあります!
現在カーポートの取り付けを検討している方も多くいらっしゃると思います。
車にとっての屋根付き駐車スペースにはどんな便利なポイントがあるのでしょうか?

下記のように価格以上の様々なメリットがあります。
  • 室内から車内への移動で濡れる心配がない
  • 気になる汚れの洗車や窓ふきなどをおこなう際、天候に左右されない
  • 雨天時のちょっとした洗濯物干しスペースにも
  • 洗車したばかりの車が雨に降られない
  • お子さんやペットなどの雨天時の遊びスペースとしても
もっと詳しく!カーポート
雨天時の乗り降りでも傘は必要なし
雨天時、屋根がない駐車スペースだとすぐ近くの車にのるだけで濡れてしまうこともしばしば。
玄関と駐車スペースが隣り合っているのでしたら、カーポートを取り付けることで玄関と車までが傘いらずの直結状態に!
カーポートがあれば、お買い物帰りの荷物も部屋まで濡れることがありません。
車への直射日光を防ぐ
真夏にありがちな高い車内温度も防止お庭に求めるエンジョイ空間お庭に求めるユーズフルアイテムサイクルポートとしても
  • 真夏にありがちな高い車内温度も防止
夏場のお出かけでドアを開けたらモワッと熱気...そんな経験はありませんか?
車を炎天下に置いていると、車体や窓から熱が伝わり室内温度は驚くほど高温状態に。
車内はサウナのように暑く、ドアの取っ手やハンドル、シートベルトの金具などが触れないほどに。
取り急ぎの対策としてサンシェードなどの日除けカバーをしても、やはりその場しのぎ程度の効果しかないこともあります。 もしカーポートがあれば原因の直射日光を遮断!
さらに熱遮断タイプを選んでいただければ効果もよりアップ。車内温度が上がりすぎるのを抑えるためにも、カーポートが活躍します。
  • 大切な車の劣化もストップ
車の劣化にはたくさんの原因が有りますが、その一つは直射日光です。
太陽による日光や紫外線ダメージはじわじわと車をむしばみ、大切なマイカーを傷つけます。
例えば
・直射日光による塗装面の色褪せや退色
・紫外線による樹脂パーツの劣化
・内装設備、電装部へのダメージ
などなど...さまざまなものが劣化してしまいます。
さらに真夏のダッシュボードは70℃を越えてしまうケースもあり、缶やライターが爆発する事故も考えられます。
カーポートを設置すれば、屋根で直射日光を防ぎ劣化スピードを劇的に遅くします。 大切な愛車を天敵の太陽光から守りましょう。
車を雨や雪から守る 寒い冬の季節、突然の降雪で車に積もってしまった雪や降りてしまった気温差で凍った霜を除去する作業は面倒です。 カーポートがあれば屋根が付いているだけで解決。煩わしい作業に時間に取られることもありません。
  • 積雪対応の便利なカーポートモデル
もしお住まいのエリアが雪や台風被害を考えられる場合は
・事前に屋根のや柱を補強しておく
・カーポートを積雪対応タイプに。積雪量からも選べます。

地域によってより強固な安全対策も必要です。多目的スペースとしてのカーポート
  • サイクルポートとしても
身近で便利な移動手段として、再び人気の自転車。
燃料要らずで手軽に乗れる自転車は、1人1台以上所有している家も多位と思います。 通勤通学やスーパーへの買い物、ちょっとしたお出かけに欠かせない日常生活の便利な乗り物ですね。 地球に優しい「エコ乗り物」として再注目され、大人達の便利乗り物としてちょっとした人気アイテムにもなっています。
最近ではタウン用でも高い機能性やデザインを重視したモデルや、
高齢の方にも便利で疲れない電動自転車も増えてきました。
自転車も車と同じようにもちろん消耗品ですので、直射日光や雨風を
防ぐことで劣化に大きな差が出てきます。
今は自転車を所有していないファミリー様であっても、お子様の成長や
職場の場所などライフスタイルは変化していきます。
将来的に、自転車を所有することを考えれば、駐車スペースの場所や
カーポートのサイズは余裕を持った大きめに設定しておくのがおすすめです。
余裕のあるカーポートでしたら車+自転車置き場を兼ねることもできますし、
また、独立した自転車専用のスペース(サイクルポート)を作ることもできます。
また複数にも対応したサイクルポートもご用意がございます。
空からのゴミよけに
風の強い日には外のゴミや落ち葉、さまざまなものが空中を飛び交い、家や車に向かって降り注ぎます。 さらに気になるのが鳥のフン。掃除も見た目も大変ですし、見つけると憂鬱になってしまいます。 鳥はそんなこちらの気持ちなどいざしらず、窓やフロントガラスにボディーと容赦なく落ちてきます。 屋根があればそんないやーな飛来物からカーポートの下を守ります。
気になるカーポートの選び方
駐車スペースの位置
まず車を停める駐車スペースと玄関の配置です。
位置関係にもよりますが、この距離はなるべく最短となるようにカーポートを配置したいものです。
玄関から車への乗り降りが近くで行えるようになると
・買い物袋や荷物の積み降ろしがすぐにできる
・寒い日も上着を羽織ることなく家の中へスピーディーに移動
・ベビーカーや車椅子がある場合にも移動がスムーズ
・雨天時など天気を気にしなくてもよくなる
身体への負担も減り、スムーズに、さらに結果的に時短へも繋がります。
支柱バリエーション
カーポートの屋根には支える為の柱部分(支柱)があり、一戸建ての駐車スペースの形によって
柱のスタイルや最適なデザインを選びます。
片足支柱(片流れ、片側)両足支柱(両側支持)駐車方法(方向)のチェック
  • 片足支柱(片流れ、片側)
標準的な一戸建てカーポートにて取り入れられている、もっともベーシックかつポピュラーなタイプ。 比較的リーズナブルなプライスで、屋根に対し片側にある支柱で支えます。 一方の面がオープンとなるため、広々としたスペースを確保でき、駐車時にも心配が少なくスムーズに行えます。
  • 両足支柱(両側支持)
屋根に対し、おもに4本の両側の柱(各コーナー地点)で屋根を支えます。 片足支柱に比べ自由度は減りますが、両方の足で屋根を支えるためより安定感があります。
  • 駐車方法(方向)のチェック
家に対する駐車スペースの方向により、片足か両足かを検討します。
・道路に対し直角(A・B)
・道路に対し平行→縦列(A)
・道路に対し斜め(A・B)
車庫入れは、バックや切り返しなど、車の大きさに対してさらにワイドな空間を必要とする動き方、移動をします。駐車してからの動き(ドアやトランク開閉、 荷物の出し入れ)も考え、スペースが許すかぎり余裕を持たせることも必要です。
  • カーポート内に余裕を持たせる
ガレージ内に隙間なく、きっちり納められた車を見かけることがあると思います。 前後左右のスペースがほとんどないような、驚きの運転技術で駐車されている家もあります。 見た目やスペースの節約には良いですが、そのような駐車にはかなり高度な運転技術が必要です。 広さに余裕のない駐車スペースには奥様が買い物に利用するときや、友人の車を駐車するケースなど「決まった人以外には車庫入れができない」といった、難しい場所となってしまうこともありますので注意したいところです。 使う家族それぞれが車をスムーズに出し入れすることが最優先ですので、道路と車を停める敷地との位置関係、外構をしっかりとプランニングし、 ・支柱が駐車行動の邪魔をしないもの ・余裕を持ったパーキングスペース ・乗り降りしやすい空間づくり などを考えながら、最適なカーポートモデルを選びます。 カーポートを使う可能性のある人全員が使いやすいと感じられるようなスタイルで選ぶのがおすすめです。
必要な屋根高
ぶつからない為の最適な縦空間を確保するため、車の種類で屋根の高さを選びます。
標準ルーフ(標準柱)ハイルーフ(ロング柱・ハイロング柱)
  • 標準ルーフ(標準柱)
(有効高) 約1,800〜2,300
車高が低〜普通タイプに。屋根が低い分雨風の吹き込みが少なくなります。
  • ハイルーフ(ロング柱・ハイロング柱)
(有効高) 約2,250〜3,000
車高が高めのタイプに。大型車や上部にラックを取り付けた場合にも余裕を持って駐車が可能になります。作業スペースや物干し場として多目的にも対応します。
※有効高は各メーカーの仕様により異なります。
大事なカーポートを大切に長く使うためには
カーポートは駐車スペースの設備として外構・エクステリアへの設置工事を行うものです。
毎日の使用に耐えうる頑丈で安全な施工をおこなえる、オプション工事ドットコムへご依頼ください。
オプション工事ドットコムはお客様の安心満足を第一にしています!家づくりでの仕事にとことんこだわった、
安全でハイクオリティな施工をお約束致します。
大切なカーポートを長く、快適にご使用していただくために、技術に自信のある職人が新しいお宅へ真心込めた
完璧な作業をおこないます。どうぞ安心してご連絡くださいませ。
素敵なカーポートはオプション工事ドットコムにおまかせください!
カーポート 51-24(505cm × 240cm)
¥165,550(税抜き)
※柱の長さ標準・ポリカーボネート板、土間はつり・柱埋め込み施工費含む
他サイズをご希望の場合は、現地調査時にお見積内容を変更いたしますので、とりあえず上記サイズにてご依頼ください。
YKK レイナポートグラン
http://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/reinaport/
駐車スペースにこちらもおすすめです!
カーポートQ&Aオプション工事ドットコムがすべてお答えします!
「雪がよく降るので、積雪に耐えられる頑丈で長持ちするタイプが知りたい」 「駐車用に使えるスペースが変形型なんだけど、カーポートは付けられるの?」 「バイクもあるのでまとめて停められるようなカーポートが欲しい」 「工事完了までどれくらいかかるの?」 多くの種類が揃うカーポートに関して知識も豊富、どうぞお気軽にお電話ください! 小さな疑問から大きな悩みまでなんでもお問い合わせください!

カーポートってオプション工事なの?

はい、新築住宅ではほとんどの場合が「オプション工事」となっています。 新築一戸建ての外構には、カーポートが「標準装備」では施工されていません。 住宅ビルダー別・標準装備例(カーポート)のケースを御覧ください。

ビルダー名カーポート設備
飯田産業オプション
東栄住宅オプション
一建設オプション
アーネストワンオプション
タクトホームオプション
アイディーホームオプション
上記の例では、飯田産業、東栄住宅、一建設、アーネストワン、タクトホーム、アイディーホームなど、これらすべての会社にて「カーポート」は標準装備ではなく「オプション工事」となっています。 新築住宅ではほとんどの場合がオプション工事ですが、マイホームで愛車をお持ちの場合には、長く美しく維持するためにもカーポートの設置をおすすめします。 住宅設備や施工がオプションかどうか把握しにくいケースがございますので、カーポートをはじめその他必要設備に関しても、ご依頼される不動産会社やハウスメーカーにご確認いただくのをおすすめいたします。

オプション工事ドットコムではカーポートの取り付けに自信あり!
大事な新築住宅への設置工事となりますので、頑丈に、安定感を持って長く使用していただけるための完璧な施工が必要です。 オプション工事ドットコムにはカーポート取り付け工事のプロフェッショナルがおりますので、安心してご依頼くださいませ。

オプション工事ドットコムの工事にいただいた「お客様の声」

◎当店にお客様からいただきましたメッセージの一例です
  • 趣味の自転車のためにカーポートと一緒にサイクルポートを依頼。駐車時の出し入れの相談にも乗っていただき、ほんとうに感謝です。

    茨城県・Hファミリー様

  • 大きなワンボックスを購入するので先に取り付けをお願いしました。納車より早く出来上がって驚きました。

    千葉県・I様

  • 以前の家では車が色あせてしまったのでカーポートを設置。嫌な思い出から熱遮断モデルをお願いしたらピッタリのものを選んでいただきました。

    東京都・Iファミリー様

  • 新築を機に新車を購入したので、合わせてカーポートをオーダー。非常にスピーディーな工事で助かりました。外壁にマッチしたカラーでオシャレに仕上がっています。

    千葉県・Eファミリー様

未分類

投稿はありません。

窓まわり

商品

ウインドウトリートメント

物干し

campaign

水まわり

news

電気工事

コーティング

収納

大工工事

外構工事

家電製品

投稿はありません。

テレビなど室内

投稿はありません。

バルコニー・テラス

投稿はありません。

キッチン

投稿はありません。

浴室・洗面・洗濯

投稿はありません。

お庭など室外

投稿はありません。

お勧め商品

投稿はありません。

新商品

投稿はありません。

商品ジャンル

投稿はありません。

まずはお見積り無料の現地調査にお申し込みください!

お申込みいただいた日程候補より調整を行い、
担当スタッフから直接お客様にご連絡いたします。